セロトニン分泌をサポート|プロザックとバスパーで鬱をやっつけよう【抗うつ剤案内】

セロトニン分泌をサポート

the woman is so sad

抗うつ剤としてのプロザック、そしてバスパーは、うつ状態に陥っている脳に働きかけて病気の治療を進めていく薬です。
「心の働き」とは何かということは有史以来さまざまな議論が戦わされてきましたが、現在わかっているのは脳内を張り巡らされた神経が情報を発信することによって「心」が決まるというものです。たとえば人が楽しんだり喜んだりするのは、セロトニンという神経伝達物質が働いているからである、ということも分かっています。うつ病や不安障害など、心が安定性を欠いて落ち込み、後ろ向きになっているとき、セロトニンは数が著しく減少している、ということがわかっています。そこで登場したのが、セロトニンの量を増やすことでうつ状態を解消することができるという、抗うつ剤の数々です。中でも、プロザックとバスパーはセロトニンをそれぞれの方法で効率的に、確実に増やすことができる抗うつ剤であるとされています。

バスパーは、単純に神経に働きかけてセロトニンをもっと多く分泌するように促します。一方プロザックは、うつ状態に陥った脳が「セロトニン再取り込み」をするのを抑制する働きがあります。神経伝達物質は、幸福感を司るセロトニンに限らず、脳内に放出されて一定期間がたつと、再び取り込まれます。使われない伝達物質が再びしまい込まれてしまうわけです。セロトニンも、もちろん多く分泌されたときには余った分が再取り込みされます。しかしうつ状態に陥った脳は必要以上にセロトニンを再取り込みしてしまい、結果、日常的な喜びを感じる程度の幸福感でさえ感じられないほど、セロトニンの量が足りなくなってしまうのです。プロザックは過剰な再取り込みを阻害することで、多くのセロトニンが自然に働くように促す薬なのです。