輸入代行で気軽に購入|プロザックとバスパーで鬱をやっつけよう【抗うつ剤案内】

輸入代行で気軽に購入

medication tray

別の記事では、いかにプロザックとバスパーという抗うつ剤が優れた薬であるかということについて説明していますが、そんな素晴らしい薬であるにもかかわらず、プロザックもバスパーも、日本では認可されていない薬となっています。認可されていない、というのはつまり医療機関では処方してもらえないということです。日本の薬に関する取り決めを行う「薬事法」は世界的に見てもなかなか厳しく、海外ではすでに当たり前の薬として使われていたとしても、日本では医療用の医薬品として認可されていない、ということが少なくありません。プロザックとバスパーも、そんな薬なのです。
ただ、じゃあ我々はうつ病で苦しんでいてもプロザックやバスパーを選べないのか……というと、そんなことはありません。私たちもまた、これらの抗うつ剤を使うことができます。
抗うつ剤にかぎらずさまざまな海外の薬を扱っている医薬品専門の輸入代行サービスがあるからです。
通信販売のような感覚で、ネット上で利用することができるサービスです。必要な薬をえらんで注文すると、海を渡って自宅に届けられます。

「それって薬事法とかいう法律的には大丈夫なの?」と、不安に思ったあなた!
確かにそういう疑問も出てくると思いますが、結果から言うと大丈夫です。医薬品の「輸入」は、個人がその薬を利用する範囲では認められています。自分のためにその薬を使うということであれば、誰に気兼ねすることなく輸入代行のサービスを利用して、手に入れることができるのです。